当ショップから嫁いだ商品たちはいつまでも活躍してくれることと思います!
インポート商品はその時だけの出合い!
送り主・・・ボンド親父はご購入後のフォローなどもいたしますので
可愛がってあげてください!

パンツはヒップをきちんと合わせて穿くことが第一!平尻、でっ尻、O脚、前腰・・といろいろあれど美しく見せましょう!


インコテックス社〔伊)のパンツ・・・・もうご存知の方も多いと思いますが、ベネチアの小さな工場から始まり今や世界中の
セレクトのお店が絶大な信頼を寄せているブランドです!・・・当店では股上が浅いモデル、ノーorワンプリーツ、たてポケットや
Lポケットなどをセレクトして・・・素材はシーズンにより変りますが、発表されるマテリアル、カラーは数十種類にもおよび、
毎回生地選びからのバイオーダー商品が並びます!
自身もいろいろ試してますが、上質な生地に丁寧な作り、美しいシルエットはインコテックスならでは
のもの・・・これ以上のメーカーも多だありますが、価格からみて根強い人気があるのもこのメーカーの
特質すべき点だと思います!

すべてインコテックス・・・左からウール素材ミックスLtグレーフランネル、ウール/コットン
素材のピンクがかったブラウン、コットン/ウレタンストレッチ素材のゴルファーモデル
シューズ:ベンチューラ&フローシャイムのビンテージゴルフシューズ



コットンスェード=ベルベット風なブラックチャコールはLポケットのモデル!
中々いい雰囲気に仕上がっています!
コットン系 ブラッシュド・ツイルはベージュを薄くしたアイボリーと
ダークオリーブグリーン!特に冬のアイボリー・・・お洒落なカラーですけど・・・・。
スーパー100sの100%ウールはチャコールとなります!
いずれもサイズは42〜54までです。



上記の生地はライトオンスのデニム・・・・サックスのくすんだブルーカラーは
いい感じの仕上がり!右はカラー違いで、カフェラテなカラー・・・ミディアムブラウンでこれまた
いい感じです!いずれも100%コットン、サイズは42〜54までです。
soldout!


インコのパンツですが、スーパー100sサマーウールのLtグレイ、コットンアーミーサテンのピュアホワイトと
ジェットブラック・・・・モノトーンの基本色をまずは展開します。バックオーダーをかかえながらの
入荷がありますが・・・・いつ来るんでしょう??(笑)
サイズは42〜54までです。
soldout!
  
インコのパンツですが・・・・一見普通のサイドアジャスト付きと思いきや??・・・・内側、インサイドのテンションゴムで
ハーフサイズ延びてしまう構造になってます!これは車のシートに座った時、お腹の圧迫感を和らげる便利もの!
・・・ドライビングモデルと呼んでしまいますが、かと言って、いくらサイズが伸びるとしても”食い過ぎ”には
注意が必要です(笑)・・・Oh!インコテックス!フェリーチェ!!
コットン100%、カラーはダークカーキです。
soldout!
  
インコテックスのパンツ・・・・通称”Lポケ”と呼ばれるベーシックなモデル!セレクトする生地やカラーなどにもよりますが
・・・一番着回しが効きます!上記はコットン100%、ヘビーピケ織り素材、カラーはジェットブラックとモルジブグレーです!

All Soldout!

インコテックスのパンツですが・・・デニム素材で仕上がったもので、くすんだブルーカラーです。10oz程の100%コットン
ブルーデニム素材をウォッシュ加工で・・・いい雰囲気です!こんな素材をセレクトする当店は・・忘れられない
デニムの美しさをいつまでも追い続けていきます。それは私の個人的にですが、ラルフローレン、
フラッサ−、バリーブリッケン、ブリッチェス、コービン、フリードバーグ、ギャリックなどから学んだ
デニムのほんとうの良さを見つめているからです!
all Soldout!!

  
上記はマビテックス社のパンツですが・・・・ここマビテックス社にもいろいろなモデルが
存在しますが、フロントフライのモデルで素材はチャコールカラーのウオッシャブルデニムを・・・
股上の浅さ、シルエットはインコとさほど変わりません!
ここも純イタリアメイドで1万円代の価格は魅力があると思います。
コットン100%、サイズは42〜52までとなります。
soldout!


下記のパンツはジーテーアー(伊)・・・ここも自社コレクションにいろいろなモデルがありますが、
股上の浅いものをセレクトして・・・、膝下からナチュラルなストレートラインは綺麗なシルエットです。
インコが細すぎる方には、こちらを・・・・またこのメーカーならではのシーズンによるカラーやマテリアルも魅力!
・・・当店ではケースバイケースにてセレクトしています。
コットン素材で一万後半から・・・良心的なブランドと言え、サイズは42から54までを展開しています。

ちなみに、インコテックスとは全く関係のない会社ですので!
パンツはG・T・A社のもの・・・左はコットンのアップルグリーンカラー、中央と右は
トロピカルウールのメランジで、ミディアムネービーブルーとコーヒーブラウンです。
soldout!

左からウール/コットン混紡素材のオフカーキ、コットン100%平織りシャンブレ−素材のブルー、
コットン/リネン混紡素材ののオフホワイトです。

Soldout!


今シーズンのデュベチカ社のコレクション・・・・03〜04年よりスタートしたデュベチカ社は某有名ブランドを
手がけていたプロフェッショナル達が終結して世界最高のダウンウェアーを目指すことから、同社の商品には
グレイグースダウン=フォワグラ用に飼育されたものが90%使われています!・・・・ホワイトグースダウンより
高価で希少なこのグレイグース・・・原羽毛からわずか15%程度しか生産できない希少なダウンとして・・・
雪の結晶のような繊細さを持ち得るからこそ、抜群の保温性があり、最高レベルの縫製と相まって、
最高品質のダウンを生産しています!

今シーズンよりデュべチカ社の正規商品にはメンテナンス他に必要となるIDカードが付属しております。
詳しくは店舗にてご案内をさせていただきます。
また、モデル、マテリアルによりバックオーダーがございますので、ご来店のほどを・・・。

上記はリバーシブル仕様のダウンベスト・・・至高のファブリックメーカーとの
コラボレーションによるハイグレードラインの製品です!
マテリアルにはエルメネルドゼニア社のカシミア・ビキューナーと呼ばれる最高級ファブリックが用いられ
フードにはリアルなブラック・ラクーン(デチャッタブル可能)を搭載した、
まさにラグジュアリーな逸品!
カシミア/ビキューナーによる艶やかな素材感は文句のつけようがない
素晴らしい仕上がり・・・この商品に限り?毎度の笑えない?ダジャレは見つからない(笑)

エルメネジルドゼニアは1910年、初代エルメネジルド・ゼニアによって、北イタリアはビエラ、
アルプスの小さな町トリヴェロにて創業したイタリアを代表するブランドです。
60年代からウェアコレクションやアクセサリーなどを発表し、1980年代には
原材料の買い付け、素材開発から、販売までを一貫して自社内で手がけています。
他社の追随を許さない品質管理体制から現在では世界40カ国、300以上の販売拠点を
展開するメンズ・ファッションブランドに成長・・・スーツやジャケットのほか
ハイクォリティでエレガンスなマテリアルは数多くのファンを魅了しています。

ビキューナーはワシントン条約保護下の動物の為、ペルー政府の原産地証明・輸出証明書が必須な貴重な獣毛で、
ゼニア社のCASHMERE-VICUNA (カシミア-ビキューナー)は同社のトップクラスのラグジュアリー素材です。
全世界で限られたメーカー&ショップでの展開ファブリックとして希少な限定生産ファブリックに位置づけられており
カシミアとの絶妙なブレンド・仕上げはごくわずかの供給しかない希少価値の高い生地となります。

こちらはLANIFICIO F.lli CERRUTI社の100%カシミア・ライテイングと呼ばれるファブリックが
使われた逸品・・・チェルッティ社が誇る16.0ミクロンの極細繊維の
ヘリンボーン織りの最高級カシミアバージョンは繊細で美しい質感があり、圧倒される存在感!
こちらもすごい!!素晴らしい商品ですね!

チェルッティ「1881」とは数字の如く、1881年にチェルッティ一族がイタリアは
ビエラに工場を設立し、120年以上の歴史のある名ファクトリーです。
極細繊維の最高級ウールやカシミアを得意とし、その繊細な高い技術力は、意匠性や
品質で世界トップクラスの評価です。


上記はアニオナ社のピュア・カシミア100%が用いられた逸品!

言わずと知れた、高級服地メーカーで知られるアニオナ。
ビキューナ、カシミア、アルパカ、モヘアなど獣毛繊維の持ち味を生かした物作りで、卓越した技術と、
素材や品質へのこだわりは、上質で洗練されたラグジュアリーブランドとしての地位を確立しています。
 その良質なカシミヤ(14〜15ミクロン)やアルパカは、ロロ・ピアナと並び、あまりにも有名です。
今現在もアニオナはウイメンズの既製服を作っていますが、エルメネジルド・ゼニア・グループに買収され、
残念ながらメンズは生産されなくなってしまいました。



上記は同系色のエルメネルドゼニア社の15 MILMIL 15(クインディッチ・ミルミル・クインディッチ)を用いた逸品!

スーパーファインウールと呼ばれる一般に19.5ミクロン以下の繊維はウール生産量の5%ぐらいしか生産されないのですが、
その中から特に15ミクロン(SUPER170’S)という極細の繊維が、このクインディッチ・ミルミル・クインディッチというファブリックです。
カシミア繊維と同等クラスの最高級原料のみを使用しているため、こちらも数量限定生産の希少な生地となります。
カシミアに似た光沢、最高級の風合いを持っているラグジュアリーな商品です!




リバーシブルハーフコートはエディモネッティのもの・・・マイクロファイバーと
上質なヘリンボーンライトツィ−ドのリバーシブルタイプ!
上襟には上質なラムスェ−ドが使われシックな中にも気品が漂う素敵なコート・・・
ブラックとチャコールのカラーコンビネーションは長く愛用して頂けると思います。
Soldout!

エディモネッティ・・・1887年創業のイタリアはナポリのブランド!
ナポリ市内で最もエレガンスな通り、Vla Toledo N50に店を開いたのが始まり。
今は3代目のサルバト−レ氏が引継ぎ、そのテイストは創業当初から変わらない
エレガンスでクラシック・・・多くのセレブリティを顧客に持つのもうなずけます!
ちなみにここの商標=馬車のモチーフはフランスの大手メゾン=エルXXとそっくり!?
サルバト−レ氏曰く・・・こちらの創業が早く、あちらが真似たとか!
それほんとなの?(笑)




ツィ〜ディ〜なブルゾンは、ベルスタッフ社のもの
・・・カントリー・ドライビング・コレクションと名づけられたしびれる逸品!
素材は同社としては初となる、アイルランドはマギー社の特注ツィ−ドが使われ
前身がラウンドされたへり付きの一枚仕立て・・・細部にわたる作り=デチャッタブル可能な
リアルラクーンの毛皮、アコーディオンポケットをはじめ、背ベルト、本切羽・・・
ちょっとした毛皮使いのいやらしさ!ジャケットの上にも羽織れる絶妙な着丈・・・
素晴らしい出来上がりには文句の付け所がありませんね!
グレー系のサックス/チャコール/バーガンディのマルチツィ−ドカラーで
42、44、(共にレディ−ス対応)S〜XLとなります。

Soldout!

ダウンジャケットはデュベチカ社のもの・・・・03〜04年よりスタートしたデュベチカのコレクション・・・某有名ブランドを
手がけていたプロフェッショナル達が終結して世界最高のダウンウェアーを目指すことから、同社の商品には
グレイグースダウン=フォワグラ用に飼育されたものが90%使われています!・・・・ホワイトグースダウンより
高価で希少なこのグレイグース・・・原羽毛からわずか15%程度しか生産できない希少なダウンとして・・・
雪の結晶のような繊細さを持ち得るからこそ、抜群の保温性があり、最高レベルの縫製と相まって、
最高品質のダウンと言えるんではないでしょうか!
当店がセレクトしたモデルは・・・軽く羽織れるテーラード・ジャケット型・・・モコモコとはしていない
適度なダウンのインシュレーション!上衿の裏、腰ポケットのフラップ裏には
ラムスエードが使われ、カジュアルな中にも上品さが・・・カラーはブラックに近い、ダークブラウン(上記カラー)と
ブラウンがかったダークパープル(下記カラー)・・・どちらもいい色です!
サイズは44(伊)からで50までとなります


他モデル・・・ラムレザーのPコートやダイヤゴナル、ラビットファー付など・・・

いろいろなニットも展開しています!
上記はジェミーソン社のシェットランドセーター。
1893年から英国はシェットランド島で続く老舗のメーカー!
オーナーのピーター・ジェミーソン氏が代々引き継ぐ製法と素朴なフェアアイル
パターンの温もりを感じて下さい。
レディ−スサイズも展開しています。

下記は一見イギリスと思いきや・・・実はカナダへ依頼したカウチン!
カウチンとは「日の当たる暖かい土地」との意味合いで、バンクーバーには数社のカウチンメーカーが存在しますが
その内の一社のもの!パターンは伝統的なアーガイル?カウチンというと、サンダーバードやイーグル、エルク柄などの
自然なモチーフが普通ですけど、元々は手編みニットですから、時代の流れと共にカウ珍?パターンも出来ます(笑)
元来は油脂分を除去しない羊毛糸ですから着用するほどフェルト状になりますが、タウンユースのことを考え、
発色のよい別のカナダ糸を使用、4色での編み立てとなり、カル・ツマ−ナ氏が率いるニッターは今も健在です!
レディ−スサイズも展開しています。
 
幻と言われる45ゲージには及びませんが・・・・至高のニットが届きました!
上記のニットは60年余りニットを手がけるファクトリーから届いた「39ゲージ」で出来たニットです!
このファクトリー・・・イタリアはスベロにあるティロス社の39ゲージという編み立ては今から15年前にスタート
・・・今現在、純正の編み立てマシン(パーツを加える事で生産できる39ゲージはなく)は
世界でここの一箇所しかなく、某有名どこ=GッチとCルチア−二の2ブランドの独占ファクトリーでもあって、
この2ブランド以外は入手が難しかった逸品です!
そこに日本の紡績メーカーが特別に枠を確保・・・わずかながらですが、ファクトリー商品として展開することができました!
モデルはメリノウール100%、クルーネックとタートルネック
どちらも3万後半という嬉しい価格・・・・・Gッチで8万、Cルチで6万円台を思えばスペシャルな設定だと思います!
カラーはサックス、ピンク、Ltベージュ、オフホワイト、ブラックとなります。
サイズは48、50、52 となり、もちろんイタリア製で、Gッチじゃなくて・・・グッ!グットなお勧めの逸品
・・・その素晴らしい肌触りをぜひ店頭でお確かめ下さい!

販売終了となりました!


入荷が遅れていたベルスタッフ社のレザーコレクションが届きました!
設立80周年記念商品、ディカプリオ主演の「アビエイター」の衣装を手がけ、公開に合わせるかのように
・・・ウオッシュされ微妙なカラーリングを表現するナチュラルレザー、レーヨンのメッシュライニング、
袖裏のみに施されたキュプラは吸湿、放湿する呼吸するもの・・・同社の細部にこだわる商品は
特に素晴らしくカッコいい!・・・・映画はマーティン・スコセッシ、この商品はボンドの監修(笑)
この時期にしか手に入れられないからこそ私のバイニングも
アビエイター・・・時には空を飛んで入手&仕入れをします(笑)
all size soldout!

イタリアの名ファクトリーからレザーコレクションが届きました!
カーフスェードのサファリ風アンコン仕立て、カラーはペイルグリーンで、カメ”LEON”な着こなし?
サイズは42から・・・詳しくは店舗のほうへどうぞ・・・・
all size soldout!
パンツ:インコテックス、シャツ:エフェッソカミーチャ、サマーカシミアはフランコバッシー


今シーズンのベルスタッフ社のコロニアルライディングコレクションは
モデルも、サイズもリニュー、シーズンカラーは、「マンゴ」=くすんだオレンジです!
味はわかりませんが、食べたくなるほどの素敵なリネンカラーをセレクトしました!

すべてのサイズが soldout!  大変感謝します!
上記のブルゾンはバラクーダ社(英)のものですが・・・・同社のシーズン限定生産モデルのドライビングブルゾンです。
モデルはG−4と同じですが、素材は従来のコットンポプリンではなくアイリッシュリネンで作られたもの
・・・・リネン素材を用いることで、グレードも高く見え、素晴らしい商品に生まれ変わりました!
リネンの味付け・・・独特のしわ感も存分に楽しめる春夏の一着になると思います!
背抜き、綜メッシュなバラクーダタータンのライニングとパイピングは従来の派手さを取り除いて・・・
サイドアジャスト、両脇ポケット、は変わらずのイギリス製!
カラーは・・・・ブリティッシュローヤルブルー、オリーブグリーン、ブリティッシュタンの3カラーで
サイズは38、40の展開・・・・生地反の都合で他サイズはドロップでして、欲しかった私も買えなく・・・残念(笑)

ところで、現在ここバラクーダ社のスイングトップは純英国製は日本からのリクエストのみで、
他はライセンス生産となります。まあ、諸外国では、どこメイドだろうと関係ないのかも知れませんが
・・・日本のマーケットの厳しさを英国に見せ付けてるような商品かも知れませんね。



随所に見られるビンテージ仕様のカットソーはベルスタッフ社のもの・・・
80周年記念の限定商品、アビエーターコレクションは古き良きアメリカを
意識しつつ、大人しか着こなせない逸品!
40〜50年代に存在したアメリカのアコム社(金融じゃないですよ=笑)彷彿させられる作りと今風の創りはお見事な出来栄えと雰囲気!
ジップアップタイプとクルーネックタイプでアーミーカーキカラーの展開です。
all Soldout!
デニムはベルスタッフ社のブラックプリンスコレクション!
14ozデニム、フロントフライ、ビンテージウォッシュされた雰囲気もまた格別なもの!

All Size Soldout !・・・感謝します!

ニットはフランティック(伊)のもの・・・・イタリアはローマのデザインチームによって企画、
生産はエクアドルにて伝統的手法にユニークさを加えて生まれてくるのがフランティック社のコレクション!
近頃、見かけなくなったハンドニット!ここのアイテムはすべてハンドメイドですが、
伝統とダイナミスムが出会い、マスプロダクションではないユニークな商品を手がけることも得意と
しています。(当店のセレクトはあくまでもシンプルなアイテムですが・・・)
写真は一見・・インバーアランか?今は無きマイケル・ロス??両者も英国を代表するハンドニットの
メーカーですが、英国商品とはデティ−ルが全く違い、袖巾、身幅、着丈などはあくまでもイタリア企画!
素朴なんですが、今を感じることが・・・・細身のパンツなどとの相性もバッチリですから、
ぜひローマの休日ならぬ?ローマのぬくもり?で日本の休日を・・・(笑)

素材は100%コットン、9ゲージのハンドニット。
n
フルジップアップニットはデラチャ−ナ(伊)のコレクション・・・・ここはかの有名なルイジ・XXXのニットを生産する
優秀なニットファクトリーで、ペルージャにてかれこれ25周年が経ちます。まだまだ、若いメーカーですが
そのクオリティーは特質すべきものがあるからこそ一流どこのパートナーに選ばれて・・・カシミアをメインに生産していますが
当店のセレクトは・・・スーパージロングのメリノウール100%のもの・・・メリノの中でも最上級なこのマテリアルは肌触り最高!
ジッパーのタブには取り外し可能なレザー・・・ちょっと粋な可愛いニットで、その上質感でありながら納得のいく価格
・・・¥3万ちょっとは素敵ですよ!・・・ぜひ店頭でお確かめを・・・・!!
カラーはシルバーグレー、ソフトベージュ、クリームイエロー、ペルージャピンク・・・どれもいいカラーです!
サイズは44〜50となり、ネックのインサイドはトーンオントーンとなります!

キルティングコートはハスキー社(伊)のもの・・・詳しい方ならご存知かも知れませんが、もとはイギリスの伝統的なメーカー、
ハスキー犬のラベルが印象的だった90年余り続くアウター専門のメーカーです。近年イタリア企業に変り、製品内容も一新!
現在ではお得意のキルティングジャケットを始め、上質なナイロンブルゾンやシャツ、ニット、小物なども手がけています。
デティールやデザインも毎年変り、増えて・・・洗練されてゆくその姿に驚かせれるのですが、どことなくイギリスのクラシックさを
忘れないのも、このブランドで、長年愛用でき、愛着の沸くアイテムも存在します。
写真はレギュラータイプのキルティングジャケットとは異なる素材のコレクションで・・・アルカンターラ素材を用いたハーフブルゾン!
ピーチフェイスされた一見スェードに見えるこのアルカンターラ・・・ゴダイゴの曲じゃなく(笑)一種の合成皮なのですが、
車のボルボなどのシートに採用され、その上質感と手入れの楽さで脚光を浴びた素材。耐磨耗性を持ち、
ゴージャスな雰囲気はこの素材の持ち味とも言えます!
スタンドカラーの後ろ部分と両サイドポケットにはラムレザーのトリミング(ジッパー付き)、ジッパーには
同社のトレードマーク・・・「H」のマークでちょっとした色気も感じる粋な配慮(笑)でいい雰囲気
・・・これならスーツにもオフにも・・・・上品さを出しながら、ハスキーな男?いや、マスティフなスタイル!で行きましょう
・・ついでに・・・アラ。カッターラ・・・わン!ダフル〜(笑) 
カラーはジャケットがダークネービー、ジレ=ベストがキャメル。
サイズは44からとなります。

ちなみに私はハスキーではありません!
マスティフXチャウチャウから・・・このブルゾンを着こなして・・・私と同じく注目度、UPです

上記のハーフコートはグローヴァーオール社(英)のもの・・・・ダッフルコートの代名詞的メーカーとして
ご存知な方も多いとは思いますが・・・1951年に始まった同社の歴史もここ近年のファッションの
高まりと共に変わりつつ・・・素材やデザインを追及してネオクラシック的なアイテムも存在します!
写真はコットン/ポリウレタン(82/18)の防水アウターファブリックにコットン/ポリエステル(65/35)の
ウインドペンのライナーがデッチャッタブル(取り外し)仕様にて出来た商品です。
沈みがちなステンカラーとは雰囲気が違って・・・フードや肩を覆うストームパッチ、
本水牛のトグルなどは通常のメルトンのダッフルと変わりませんが・・・オンオフ問わず・・マテリアルが変わるだけで
ロングシーズンにも対応する優れた商品だと思います!
カラーはイングリッシュアイボリー、サイズはUK34からになります。

キルティングコートはイタリアの名ファクトリーから・・・インシュレーション、アクセントの
ウールライニング、デッチャッタブルなフード、レザーストラップボタンなど・・・作りはピカイチ!
それでいて・・・・かなりのパフォーマンスな価格・・・・いい商品です!!

 上記のブルゾンはベルスタッフ社(伊)のものですが、マテリアルにシャンタンシルク100%(防水仕様)
を用いた珍しいモデルです。昨シーズンの展開はコガネムシ?今シーズンの輝きは・・・エメラルドグリーンで
カメレオンのような感じですが(笑)・・・・これを粋に着こなす姿は信号より目立つかも?・・・交通安全にも役立ちそうです!
レディ兼用サイズも入手しておりますので、ご興味がありましたらお問い合わせ下さいませ。
上記カラー・・・・all soldout!
カラー違いを入手しております。

上記のブルゾンはベルスタッフ社(伊)のものですが、マテリアルに総刺繍=ジャガードのナイロン(防水仕様)
を用いた珍しいモデルです。今シーズンは桜の開花予想も早かったようですが、これは咲き乱れって感じのブルゾン!
世界的にウエスタンの流れもあり、刺繍ものが注目をされてますが、ここまでの商品となるとお見事としか・・・・
イタリアのおもいきった遊び心・・・アートとして着こなす楽しみも忘れない逸品といえますね。
レディ兼用サイズも入手しておりますので、ご興味がありましたらお問い合わせ下さいませ。
all soldout!
シャツ:エマニュエレ・マフェイス、パンツ:インコテックス


上記のブルゾンはバラクーダ社(英)のものですが・・・・入荷が遅れていたのですが、
同社の設立60周年の限定記念モデルです。G−9とデザインは同じですが、G−10と呼ばれるもので、
おぞましき?赤いタータンのライニングがなくなり、インシームのトリミングにタータンがつくだけの
シンプルさ・・・これならあわせ易くコーディネイションも・・・バラ?バラ?楽ーダだと思います(笑)
ところで、現在ここバラクーダ社のスイングトップは純英国製は日本からのリクエストのみで、
他はライセンス生産となります。まあ、諸外国では、どこメイドだろうと関係ないのかも知れませんが
・・・日本のマーケットの厳しさを英国に見せ付けてるような商品かも知れませんね。
テフロン=防水加工されたコットンの一枚仕立て、カラーはブラックのみをセレクト、
サイズはUK34〜42までの展開となります。
all soldout!

ニューヨークから届いた・・・・ネバダカラー(ベガスの赤土沙漠色)のショートブルゾンはアイリッシュ・リネン生地で製作され
デティールはアーミー・エアー・コープで仕様されたクラシカルなタイプ・A-1。。。。ミルスペックは今や単なる軍モノではなく、
時代を超えた完成されたスタイルです!
all Soldout!
シャツ:エフェッソ・カミーチャ(伊)、パンツ:ジーテーアー(伊)、スカーフ:60sビンテージ

soldout!
ちょっとお詳しい方なら・・・W&G社の名品”プロフェッショナルフィールドジャケット”を参考にして作られた商品は
ニューヨークの名ファクトリーから!

体温調節保護機構=リアクタ・システムが採用されたベルスタッフの特殊モデル!
soldout!
60’sのオールデン・・俗に言うトリプルAと
呼ばれるもの!・・soldout!

ショートブルゾンはシェラデザイン社(米)のもの・・・これも懐かしいと言うか?でもこの着丈のこの井出達!新鮮ですね!
時として考える必要がない着回し(笑)、価格も然ることながら、60/40というファブリックの原点を今風にまとう!
往年のジェントルマンならシェラパーカは着こなしていると思いますが・・・hハーフレングス、クライミングスタイルは
マーモットを始め、キャンプセブンやクラスファイブ、ノースフェイス、パタゴニアといった大御所の原点でもあったりして
・・・1965年に始まるシェラ!J・マークスとB・スワンソンの2人が遭難さながらの世界から生み出されたテントと
スリーピングバック、その2年後に生まれたのが、不朽の名作と呼ばれる「60/40マウンテンパーカ」!
ハイテクを駆使した高機能素材もこれだけ完成されたものには遠く及ばないって・・・愛され続ける理由がここにあります!ブラボ〜〜!(笑)
  
わが身を守る?ベルスタッフ!!
泣く子も黙る?防弾チョッキにも使われる880バリスティックナイロンファブリックで出来たモデルは・・・デルタフォースと
名付けられたスペシャルモデル!このモデル専用のベルサームのデチャッタブルベストが付属します!
物騒な世の中・・歩いていても、刺される時代ですし、走っていても・・・・撃ち殺される心配はないと思いますが・・(笑)
all soldout!・・・感謝!

ラバーライズのコートですが、ハスキー社のもの・・・キルティングで名高い同社ですけどこんなものも発表してます。
デュアルカラーの裏は見る角度によって”H”の文字が浮かび上がります。有名どこの頭文字ではなく、あくまでも”ハスキー”の
頭文字ですけど・・・いやらしさの”H”かもしれません(笑)がスケベ心は出さないよう気をつけましょ!
全体的にマッキンのダンカンと似ていますが小技でこちらのほうが上手です!
サイズは42,44.46の展開です。
all Soldout!

ハスキー社の製品は次回のセレクトにご期待ください!


右のコートはフィリップキェーザー(伊)のゴム引き(ラバーライズモデル)・・・トラディショナルウェザーウェアー社
(英のマッキントッシュのことです)は有名ですけど、こんなメーカーも発表しています。このメーカーはプラダを始め、
ヴィトン、ジルサンダ−のファクトリーとして知られるほど、クォリティーはお墨付き!どことなくイタリアらしいアレンジ
・・・マッキンでも見かけないデュアルなカラーの組み合わせ、スタイルはこのメーカーらしいです。

コート(デチャッタブルフード・ドライビングモデル)¥110000,バラクーダモデル\68000・・all Soldout

上記はベルスタッフのドライワックスリネン素材のもの・・・同社のコロニアル・ライディングコレクションと
名付けられたこのモデルは防水加工された麻特有の雰囲気が素晴らしい逸品!
カラーはレイングレーとデザートブラウンで、40、42、44、S、M、L、XLとなり、今シーズンのお勧めものです。    all Soldout!
  
ブルゾンはベルスタッフ社のもの・・形は定番ですが、メタル繊維(アイロンガード素材)で出来た特殊ものです。
燻し銀のように輝きますが、決して派手さはなくオン、オフ共にカッコいいと思いますし、
クラシックな形でありながら今風なハイテク素材を融合させたお見事なまでの商品です!

素材がある限りの生産となりますので、ご興味がございましたら
お問い合わせ下さい!

copyright 2002-2004   all rights reserved