当店ではお仕立て・・・メンズ&レディースのス・ミズーラ(あなたのサイズ)で
スーツ、ジャケット、シャツ、スカート、パンツ、コートなどをお作りしています。
既製品では満足できない着心地?デティ−ルやデザインなどのお客様自身のわがまま?・・・
それらとボンド流のセンスを融合させ、一着を創り上げていきます。生地はおよそ2000種類、数々の仕様、
お客様のお持ちのデザインなどからでも・・・・お話し、ご相談をしながら、ご自分だけの世界を創るお手伝いを
・・・・新しい試みも忘れずにスタイリッシュでコンフォートな一着、ご自分だけのオリジナルを
是非paulbondで体験してみてください!

スーティングは営業中は常時(シーズンファブリックは入荷時から)、メジャリングに関しましては
「要予約」とさせていただいております。と言うのも実際のメジャリングに関しましては、
お客様の体型を見極めながら進めさせて頂いております。多少のお時間は頂く事をお許しくださいませ。
お勤め帰りなどにも応じておりますので、詳しくはお気軽にご相談、御連絡を下さいませ。










百選練磨のス・ミズーラを目指して・・・

 ス・ミズーラ=パターンオーダーと言えども、フルオーダー並の着心地を目指して
日々取り組んでいます。もちろん、最高と呼ばれる着心地は中縫いや仮縫いを
付けるのが一番なんでしょうけど・・・。その分時間や価格に反映されるのも事実ですし、
かと言って、決められたサイズスペック、パターンに当てはめ、美しいドレープを
引き出すのはまず不可能です。本来、ス・ミズ−ラで創られるスーツやジャケット、
パンツ、スカート類は体と一体化して動きやすい、そして柔らかく、
着る方の個性を引き出すことができます。メジャリングの為のサンプルの開発から、
最終的に出来上がる注文商品・・・お客様自身の”肩に乗って”こそ最高の
着心地に変わり、人から魅了され、満足できるものへと変わります。


昨今のスーツ・・・上質なファブリックや目に見えない所の優れたパーツ、高度な
クラフツマンの縫製技術も最も大切なことですが、ここでは重要視を
しなくてはならない、メジャリング(採寸)と結びつく、着心地に最も
影響ある”体型補正”のことについてお話をしたいと思います。
体型補正とは簡単に言って、自分の”体のくせ”を着こなす洋服に
反映させることを言います。私自身、体型的に恵まれているほうではなく、
どこをどのようにしたらバランスよく、着心地が良くなり、スタイリッシュに
見えるのかなと思いつめ、悩んだ末もあり・・・・ご注文されるお客様には
実際にはお目にかけることが出来ない裏方仕事なのですが、着心地、
人から魅了される為にも必要不可欠なものです。

レディースのお仕立てに関しましては ウイメンズ・コレクションページに
掲載しておりますので、ご参照くださいませ。


体型補正についてはクリック




























































当店のお取り扱いのマテリアルの一例は クリック

フルシーズン&シーズナリーをはじめ、貴重なデットストック&ビンテージなど
お客様のオンリーワンを創作する意味でも
多種多様なマテリアルをご用意しております。
掲載以外にもございますので、詳しくは店舗のほうへ
お問い合わせ、ご来店下さいませ。








上記は 「マオカラー・ジャケット」の製作例です。

数あるジャケットスタイルの中でも ひときわ個性的で
洗練されたデティールが「マオカラージャケット」です。
モード性が強いと感じがちですが、フォーマルにも通用する
クラシックなデザインで、音楽で言うクラシック=指揮者なども
着用する正統派のスタイルです。
元々は 中国から派生したスタイルとして、中国の元首席=
毛沢東の名前(マオ・ツォートン)から由来すると言われており、
インドでは政府の高官たちが着用する
「ネールカラー」と呼ばれるジャケットも同様なスタイルとなります。

選ぶマテリアルによっては よりスタイリッシュに!よりファッショナブルに
楽しんで着て頂ける「マオカラー」!
ウットリとした シンフォニーな世界をお楽しみ下さいませ。

メンズ&レディース
サルトリア・センテナリオ・カラヤン・ジャケット
写真は 英国の「リントン」社のファンシー・ツイードのマテリアル、
特殊裏生地、特殊素材UPチャージ ほか
¥89000 となり
¥69000から 各種マテリアルで製作させて頂きます。






スミズーラからサファリ・ジャケットのご案内です。



パターンサンプルは往年の名作と呼ばれる「ウイルス&ガイガー」の
サファリジャケットをもとに、現代的な衿腰を高くした
ロングポイントのカラー変更や全体用尺と縫製、アコーディオンPの
デザイン変更など 随所に手を加えた当店独自のパターンを用いた
サファリ・ジャケットになります。
写真は ビンテージのアイリッシュ・リネン素材の
モデルですが 当店の3000種以上のマテリアルで
ご自分だけの トラベル&サファリな世界をお楽しみくださいませ。



メンズ・レディース
サルトリア・センテナリオ・ゲーブル・サファリ・モデル
ジャケット¥76000〜 モガンボ・スーツ¥89000〜各種マテリアルで
マチマチとなり、このモデル専用のオプションなども
ご用意しておりますので、詳しくは ご来店、ご相談下さいませ。



上記は 車のシートにも採用されるアルカンターラ素材での製作例・・・
このアルカンターラは スウェード調の外観を持つ
肌触りのよい合成皮革で、天然のスウェードより通気性に優れ、
シワにもなりにくく、耐久性のあるマテリアルとなります。




併せて当店らしい USビンテージ・コットンも 不定期で 入荷いたします。
お好きな方はご来店、ぜひご覧くださいませ。




ご相談の多いベストですが、通常のモデルに加え
一粒で2度美味しい!!1枚で2通りが楽しめる!!!
リバーシブル・ベストのご案内です。

イギリスやアメリカのビンテージにも見られれるリバーシブル・ベストですが
当店のモデルは ボタン位置やボタンホールを微妙にずらし
一目で通常のベストとは明らかに違うデザインを取り入れました。
ジャケットのインナーとしても ベスト単品のアウターとしてもお使いいただける
マテリアルの組み合わせがお勧めとなりますので ぜひお試しくださいませ。

お仕立て上がり価格は ¥29000からとなり
上記写真は ロロ・ピアナ社のカシミア・ウール・ヘリンボーン素材と
ロッコ・バロッコ社のコットン・プリント素材での製作例で
価格は ¥39000となります。
上質なクラシックな生地と 相反する華やかなプリント生地の
組み合わせは 注目度も抜群な仕上がりです!

メンズ・コレクション・ページにも プレタ商品と共に
掲載しておりますので、モデルやコーディネーションの参考に
されてくださいませ。




写真は フランスのビンテージのゴブラン織りのマテリアルに
イギリスは 80’sのリバティ社のビンテージ・マテリアルを
取り入れ製作してみました。
シルバーグレーカラーのプチ・フォーマルな要素と繊細でクラシックな
ペイズリー柄のコットン・ローン素材のカジュアルな要素の組み合わせは 異色な雰囲気に!
ブラック・デニムやブルー・デニム、ホワイト・デニムなどの
コーディネイトに
合わせてみても あらあら不思議!一粒で2度おいしいベストですが
コーディネイトも何通りにも見えてしまう仕上がりです。
















様々なお仕立てのモデル製作例は ↑クリック

クラシックなスーツやジャケット、ベスト、コート、パンツなどのご依頼も多いのですが
様々な素材もご用意しながら 新しいお仕立ての世界もご案内しております。

また、店舗では同時に プレタ(販売既製品のサイズ、44〜50)もご用意しながら
ご案内をしておりますので、詳しくはご来店下さいませ。



パンタローニ・スミズーラ から・・・
当店では パンツのみの製作なども承っております。
価格も それなりでは?とお問い合わせを頂きますが、ウール素材で¥22000〜

インポートのコットン生地などを用いられても¥25000ぐらいで製作可能です。


スーツ工房のマシンメイドになりますが、当店のパターンに 
スーツ並みの体型補正を取り入れ製作します。

股上をはじめ、渡り、膝幅、裾幅、ポケット仕様はもちろんのこと
日本人に多い、O脚補正や反身体などの補正を取り入れ
美しいラインを創り上げます。

既製品では見かけないカラーや素材などにも対応し、
多彩なアレンジが可能ですので、ぜひご利用、お試しくださいませ!


製作期間は 3週間〜(生地発注期間を除きます)
こちらも 店舗ではサンプルをご用意しておりますので
ご来店、ご相談くださいませ。


メンズ・コレクション・ページにも プレタ商品と共に
掲載しておりますので、モデルやコーディネーションの参考に
されてくださいませ。



下記は「カーゴ・パンツ」の製作例です!

今さら、説明は不要かと思う定番的な「カーゴ・パンツ」!

ご要望のシルエット&ご自分に合った パンツ製作も承ります。

素材は スーツやジャケットなどと同様に さまざまなマテリアルをご用意して
お選びいただけますので、詳しくはご来店くださいませ。
 
写真は コットン/シルクの2者混、マイクロヘリンボーン折り柄のリバース素材で,
シルエットはストレート・ラインの製作例です。
肌触りのよいコットンとシルクによる適度な艶感は
ドレス・パンツ寄りの雰囲気があるカーゴパンツとなりますが
ご家庭でウォッシャブル!洗いざらしをシャツやポロシャツ、T−シャツなどと
合わせたデイリーなコーデイネイトを・・・。
上質な素材は ラフな装いをいっそうお洒落に
際立せてくれるかと思います。
上記の素材はカラー違いで ブラック、シルバーグレー(写真)、ベージュが
ございますので店舗のほうで ご覧くださいませ。

メンズ・レディース
パンタローニ・スミズーラ・カーゴ・モデル
お仕立て上がり コットン ¥24000〜
ウール ¥24000〜
(写真のマテリアルは ¥27000となります)




下記はビンテージ・カーゴ・モデルの製作例です!



好評を頂いておりますカーゴ・パンツのレギュラーモデルに加え
インサイド、フラップ・カーゴ・ポケットのデティール変更モデルに
サイド・アジャスターを装備したビンテージ・カーゴ・モデルが加わりました。
また、レギュラー・パンツ および カーゴ・パンツ・モデルなどの
バックル・バック・ビンテージ仕様も製作いたしますので
詳しくは ご来店くださいませ。


パンタローニ・スミズーラ
ビンテージ・カーゴ・モデル
¥29000〜
写真は 英国・ハリソンズ社の100%ウール・タータン・マテリアルと
アルカンターラのコンビネーション製作例で
英国のクラシックなマテリアルにアメリカのビンテージ感を
取り入れた仕様は ¥37000となります。





いつも当店をご愛顧頂き誠にありがとうございます。
当店での スーツ、ジャケットのお仕立てにはちょっとした
新しいアイデア&小技なども取り入れるよう、日々思案をしております。

今回はその中からいくつかをご紹介させていただきます。



上記は一見、何でもない胸のバルカポケットにポケットチーフが見えますが
実はこれ!バルカPの袋地をまん丸く、大きく作りあげて、
袋地そのものを引っ張り出して、チーフに見せかける仕様です。
お客様によっては普段、チーフそのものをされない方も多いとは思いますが、
イザッ!というときには、かなり役に立つ、便利でお洒落な仕様です!
ハトが出るほどびっくりされませんが(笑)
宴席などの話題にもお使い
いただけるかと思います。



皆さまの名刺入れはジャケットのどこにしまわれてますか?
腰のポケット?内ポケット?パンツ?など・・・
通常のジャケットの内ポケットは左右に二つ、ペンポケットやタバコポケットなどが
普通に付きますが、見返し部分に名刺のポケットを付けるのも便利な仕様です。
それも、ポケットのカンヌキ(もみ玉の両端部分のことです)を松の葉っぱの
形にしたカンヌキを取り入れながら!
これは昔の誂え服で見られた装飾的なものなのですが、
遊び心を取り入れることにより、営業場面にも一役買ってくれること!
間違いなしのお洒落な仕様です。




当店ではオーダー製品にご自分のイニシャルを入れられるお客様は
少なく、通常のオーダーでは 見返し部分のポケット付近に ご自身のネームが入ります。
それを 上衿の裏の生地を胴共生地(通常は別布ですが)にして
文字を取り入れる仕様です。
これは 衿を立てた時に あらまぁ?何っ?と思わせながらご自身の
アピールを目指します(笑)
衿を立てる着こなしなどは 論外と考える方には お許しを頂きながらの遊び心ということで!
フルネームでは見ず知らずの他人から名前を
呼ばれてしまう危険性もありますので
あくまでもイニシャルだけに留めておいたほうがいいかもしれません(笑)
通常のジャケットをはじめ、ハッキングや衿タブ仕様などの
ジャケットなどにもお勧めします。


いずれも見えない部分の隠された仕様(オプション扱いで¥500〜)ですが、
オーダーにはいろいろな楽しみ方、遊びの仕様も
ございますのでご相談くださいませ。



メンズ、レディースの「ステンカラー」の製作例です。
(バルカラーコートというのが正式名称ですが)
 
用尺に新しいパターンを採用した、オン・オフ着回しの利く定番的なコート・モデルです。
全体的に用尺を細身にアレンジして、だぶつきを少なくし、
絶妙なフォルムの衿とナチュラルショルダーのセットインスリーブを採用。
バランスを見極めながら スタイリッシュなコート・スタイルを目指します。

 
お仕立て上がりの価格は職人と話し、高品質な要素を取り入れながら
お値打ちなコート仕立てを目指しましたから
¥63000から(各種ウール生地など)になります。
 
お客様からのよくあるご質問なのですが、例えばこのコートの
¥63000のお仕立て上がりの価格には
この価格帯の生地代とお仕立て代が含まれた価格を当店では
表示しております。
お仕立て代には、本切羽などの数々のオプションなどがありますが、
このステンカラー・モデルには最初から お台場、総裏と比翼仕立て、
ピックステッチ、タブ仕様などの高品質なコートの仕様は含まれている価格と

なりますので、価格の変動は生地のランクや種類によって変わる事となり、
これ以上のオプションなどは必要ないかと思います。
ご来店時には、細かく生地代をお調べして、ご説明しておりますので
ご理解のほどをよろしくお願いいたします。


 写真のステンカラー・コートは「ダロウ・デイル」社(英国)の
ウール100%(295g)のネービーカラー生地で着丈を膝上=
スリークオーターレングス(3/4丈)に仕立ててみました。
(着丈はロングなど変更自在です)

通常はスーツ&ジャケット用に用いられる素材ですが、目付けの重い、
フレスコ織りのザックリしたコートは通常のコートには見かけない!
梳毛素材(毛足の短い生地のことです)ですが、
紡毛(例えばツィードの毛足の長い生地のこと)との中間的な
不思議な雰囲気の仕上がりです!
通常、用いられるコート素材でのお仕立ても良いのですが、
それだけにとらわれず、個性的な素材や着回すシーズンなどを
考慮した素材などを取り入れる事もお仕立てならではとなります。
お客様にとって、素材選びは大変かもしれませんが、

ご提案、
ご案内もしておりますので、お気軽に
ご来店くださいませ。
 
上記の素材のお仕立て上がりは ¥76000
ほか 素材を変えた一例として
ライトフランネル&ツィード・ウール ¥79000〜

バーバリークロス・100%コットン ¥79000
ピュア・カシミア・ウール ¥89000〜 となりますので
価格、そして魅力満載なコートをお楽しみくださいませ。

また、ノッチドラベルのチエスター・コートも同様に
新パターンにて製作いたしますので
ご来店、ご相談くださいませ。




上記写真は ボザーラ社のリネン・マテリアルを用いた レディースのステンカラーコートです。
シャツやカットソーの上に羽織る感覚で、用尺も細身、
スリークオーターレングスにして
リネン特有のシャリ感と清涼感は スプリング・コート素材としても注目株です!







 


上段より
マギー、ビンテージ・ドネガル・ツイードのバルカラーコート
カノニコ、ライト・フランネルのチェスター・コート
ハリスツイード、100th・メモリアルのチェスター・コート



トレンチコートの受注製作も承っております。

当店のトレンチは 衿型に ナポレオンカラーを採用し、よりクラシックで、モダンなデザインを構築!
スーツなどのテーラリングの技術を取り入れ、全体的に スリムで、
スタイリッシュな用尺モデルとなりますが、細過ぎず!太過ぎず!がポイントで
総裏仕立て、お台場、ストームフラップ、レザーバックルなど コートとしての
基本をしっかりと取り入れたトレンチコートになります。
また、バイク、自転車、ライディングに適したショート丈からビンテージ感溢れるロング丈など
着丈も自在にアレンジして頂けるのも大きな魅力です。

写真は イタリアは「カノニコ」社のウール・マテリアルになりますが
当店の3000種以上に及ぶマテリアルからお客様だけのオンリーワン・コートの製作を
承りたいと思いますので、ご来店、ご覧くださいませ。

メンズ・レディース
サルトリア・センテナリオ・トレンチ・コート
ダブル・トレンチ・モデル
お仕立て上がりは ¥99000〜からとなり
各種マテリアルにより 価格変動となります。

また、シングル・トレンチも製作可能ですので
ご相談下さいませ。









また、レディース・モデルに関しましては
上記モデル以外にレディース専用モデルもご用意しております。
上記モデルより よりスタイリッシュな用尺を採用した
モデルとなりますので、こちらも店舗のほうで、ご覧くださいませ。






ダッフル・コートの受注製作も承っております。

当店のダッフルは 英国メーカーにも見られない総裏仕立て!
スーツなどのテーラリングの技術を取り入れ、全体的に スリムで、
スタイリッシュな用尺モデルとなりますが、トレンチ同様に細過ぎず!太過ぎず!がポイントで
総裏仕立てに加え、本水牛のトグル、レザーストラップなどの
高級パーツも また、裏生地にも拘る10年選手のダッフル・コートになります。
また、バイク、自転車、に適したショート丈から正統派のロング丈など
お客様に合わせ、着丈も自在にアレンジして頂けるのも大きな魅力です。

写真は ウールのリバーシブル・マテリアルになり、表の無地カラーとフードから
のぞくオ―センティックなブラック・ウォッチのタータン柄が特徴です。
リバース使い=チェックを表生地にすることも可能な上記素材は6種類ほどをご用意しておりますが
当店の3000種以上に及ぶマテリアルからお客様だけのオンリーワン・コートの製作を
承りたいと思いますので、ご来店、ご覧くださいませ。



メンズ・レディース
サルトリア・センテナリオ・ダッフル・コート
お仕立て上がりは ¥89000〜からとなり
上記のマテリアルは¥99000・・・
各種マテリアルにより 価格変動となります。

併せて 優美なマテリアルもご紹介・・・
下記は 英国産の「スーリー・アルパカ」素材を纏った
ダッフル・コートの製作例です。



アルパカはラクダ科、リャマ族の動物で、アンデス山脈の高地に生息しており
アルパカの素材には ファカヤと呼ばれる種類とスーリーと呼ばれる種類があり
前者が アルパカ総生産の97%を占めており、スーリー種はわずか3%という
非常に希少性の高いマテリアルになります。
ファカヤ種と比べ、スーリー種の特徴は 光沢感、ヌメり感、ハリとコシなど、
すべての面で優れており、カシミヤと並び、高級マテリアルのひとつとして
軽い仕上がりと共に 保温性が非常に高いコートになります。

また、100%ピュア・カシミヤ素材なども
お勧め、ご用意しております。

続けて ダッフルに適したマテリアル・・・今は無き英国の「ムア・ブロック」社の
ビンテージ・マテリアル!ヘリンボーン・ウールが入荷しております。
グレンフェルやインバーターなどにも採用された上質なマテリアルになり
ベージュとレッドのカラーになりますが、こちらも店舗のほうで、ご覧くださいませ。






ジャケットのインナー=裏仕様のご紹介で、キルティング仕様のジャケット製作なども行っております。
簡単に言いまして、ベストを一枚、中に着ている様な仕様ですから
ジャケットそのものの保温性、防寒性も非常に高く、軽い仕上がりで
寒がりな方や 特に真冬でもジャケットそのものを
魅せたい方には打ってつけ!となります(笑)

意外にもキルティングの製作はややこしく!データ管理のお客様でも
既存の用尺の変更等を取り入れながら進めていきます。
今回のキルティングは 中綿に薄いポリエステルが入る
可愛らしい リンクル・キルティングで、カラーは写真のパープルをはじめ
オリーブグリーン、ネービー、シルバー・・・など全8カラーをご用意しました。
表のマテリアルとのコントラストを見極めながらジャケット製作を
承りたいと思いますので、ご来店、ご相談下さいませ。

メンズ・レディース
サルトリア・センテナリオ・ウインド・ストッパー
キルト・ラインド・ジャケット
写真はアブラハム・ムーン社のダークグリーンカラーの
ツイードにリンクル・キルト・ラインドの製作例で
ジャケット製作で¥6000UP、コート製作で¥8000の
UPチャージにて 製作させて頂きますので
ご来店、ご覧くださいませ。





●スーツやジャケットの「裏生地」について・・・●

当店でも お客様ご自身がお持ち込みになる裏生地での製作なのですが
拘りを感じさせる!お洒落で!奥深い内容に大変感謝しておりますが
これまでにもちょっとしたトラブル(製作不可能)がありましたので
簡単なご説明となりますが補足をさせて頂きたいと思います。


まず、生地の用尺ですが、スーツやジャケットなどの表の生地は
150センチ幅(我々は通称「ダブル巾」と呼びます)が多いのですが
裏生地に使われるキュプラやレーヨン、ポリエステル、シルクなどは
150センチ幅に満たないものが多く、長さをカットされたお持ち込みの
生地用尺が足りず、製作が出来ない時もございました。


裏生地の幅は 90センチぐらいから 110、115、130など
マチマチなのですが、その分、長さを10センチ単位で見計らい
製作の準備に取り掛かりながら進行しております。

大方の裏生地用尺は 上着丈が75センチ、バスト100センチ、
生地幅110センチで 一例を掲げますと
背抜きの場合は 1.5M、背抜きに袖裏を共取りの場合は
2.2M、背抜きにベスト(ベスト裏地は外側のみ)の場合は2,2M、
背抜きにベスト(ベスト裏地は内外共取り)と袖裏の共取りの場合は
2.9M、総裏はプラス0.3M、さらにダブルでプラス0.3M
ストライプ柄の場合はプラス0.2M、格子柄の場合は
プラス3柄・・・などが必要となります。
以外にも裏地の寸法は大きく必要ということで、
一般のお客様には大変複雑かも知れませんが
お買い求めの際には 充分ご配慮くださいませ。


これに合わせて当店でも数々の特殊な裏生地もご用意しておりますので
ご利用して頂ければと思います。



上記の写真例は イタリアは「モンクレール」社のマテリアルです。
女性のお客様からのご依頼で、フレスコ生地にも似た
ネービージャケットですが、マリンテイストな要素も!ということで
ボンド流の思案!生地の入手および出会いというものをご説明して採用いたしました。
もとはフランスのメーカーらしく、トリコロール・カラーの
艶やかな配色のチラリズム!から 格別なジャケットに仕上がり、大変ご満足して頂きました。
特殊生地に関しましては、生地代の実費をご負担して頂き、
承りますが、裏地に拘るのもオンリーワン!
お仕立てならではの世界ですので ご来店、ご相談くださいませ。


特殊裏地の価格の一例ですが
エトロ・・・¥20000〜(組成によってマチマチとなります)
イタリア、フランス他 各種インポート・・・¥5000〜
ビンテージ・・・・¥5000〜
いずれも限定のマテリアルなども含め 表生地の柄や配色、デザイン&デティールの
バランスを見極めながら採用いたします。

ご来店時、そして創作時には 最大限のご提案、集中力にて
対応させていただきますが
たまに エネルギーが切れてしまうときもございますので
その節はお許しを頂きたいかと思います(笑)








ご依頼&そのほかの製作例は ↑クリック













































































































































イギリス、フランス・・・などのビンテージ・マテリアルです。



ビンテージ・コレクションとなります。



















copyright 2002-2004   all rights reserved