レザーバックはマッシモ(伊)のもの・・・
フェラーリで名高いイタリアはモデナにファクトリーを構える商品です。
1960年代からレディースのバックを手がけており上質なマテリアルを用いて
非常にクォリティの高い製品を生み出しています。

上記はオンオフ問わずなオープンブリーフ・・・有名タンナーから買い付けるシボ革の上質なカーフが使われ
使い勝手のよい多数のポケットを装備。軽くて手入れも楽な上に、丁寧な縫製はどことなくフランスブランドにも
見える上品さがあります!
それでいて価格も税込の6万円台・・・・ここもコストパフォーマンスに優れたファクトリーです。
カラーはブラック、ダークブラウン、ネービー、そして美しいレッド・・・・店舗にてぜひお確かめくださいませ。
SOLDOUT
下記は同じくマッシモ(伊)のジッパーブリーフ・・・
角のとれたドームスタイルに内縫いのパイピングレザーは柔らかいイメージの仕上げ。
当店からのリクエストによって生まれたツートンコンビネーションカラーは従来のブリーフの固いイメージではなく
オンオフ使用を前提に作られたもので、一際目立つこと間違いなしの7万円台!
価格も雰囲気も最高です!
カラーはブラックベースにブラウン&グレー、グレーベースにブラックコンビネーション

SOLDOUT




ベルトやウォーレットなどはクワトロ・ガッティのコレクション・・・
すべてがリアル・エキゾチックレザーのみを用いたコレクションとなります。
このクワトロ・ガッテイは本来はイタリアブランド(イタリア製)ですが、輸入不可能な素材に関しましては
日本の優れた工房にて製作(素材やアイテムにより日本製)というコストパフォーマンスを両立させている凝りに凝ったブランドです。
日本企画と言えども、バックルなどのパーツはすべてハンドメイドのイタリア製!
真のレザースペシャリストと出会い、ボンドの感性を融合させながら、
随時ご案内をしてまいりますので、店頭にてぜひご覧くださいませ。
また、いずれの商品も使用後のメンテナンスなどを含め、修理対応いたしますので
末永くお使いいただきたいと思います。

左よりブラックカラー・テジュリザード、バックカットパイソンはブラウン&ダークグリーン
ニッケルシルバー製の鍛造バックルがついて・・・なんと1万円台!!
革質も一級の皮革!例えば、リザードはリングマーク(輪状紋)を消してベリーカット(ハラ割り)の
グレンジング仕上げで大変美しい。
メンズ&レディース対応で幅は40mm&35mm、115センチまでのサイズ調整可能(カット)で
サイズフィットさせていただきます。

マテリアルにより SOLDOUT

上記のパッチワークはプリンテッドヘアーカーフ(ハラコ)とブラックマットカラーのバックカットボア、
右はテジューリザードのトリプルカラーのコンビネーションは共にクロスレースのトリミング仕様。
革質も申し分なく、美しい仕上がりでこちらはイタリア製。
下記はエレファント(象革)・・・昔はブーツなどにも使われ非常に耐久性があり、いろいろな製品にも
お目にかかれたものでしたが、ワシントン条約にて国際取引が規制され、今や大変貴重な存在!
美しいシボ(規則的なしわによる紋様)はエレファント(象革)の独特の特徴です!
カラーはインディゴブルー&バーニッシュオレンジ・・・
相ゾウ以上な仕上がりに満足(笑)

アイテムにより SOLDOUT


上記の左は エレファント(象革)・・・昔はブーツなどにも使われ非常に耐久性があり、いろいろな製品にも
お目にかかれたものでしたが、ワシントン条約にて国際取引が規制され、今や大変貴重な存在!
美しいシボ(規則的なしわによる紋様)はエレファント(象革)の独特の特徴です!
カラーはインディゴブルー&バーニッシュオレンジ・・・
相ゾウ以上な仕上がりに満足(笑)


上記の右は オーストリッチのレッグにて製作。パウダーブルーと呼ばれるくすんだブルーカラーとブラウンがかった
シャンパンゴールドカラー・・・・ハンドレース仕様が美しい!



ご紹介するベルトは、ガルーシャ(エイ革)!その中でもとても貴重な連石で製作される
オフホワイトとブラックカラーのベルトです。
マテリアルの都合上、ごくわずかしか製作できませんが
魅力ある価格(3万円台)を用意して
皆様に捕獲されることを願いつつ・・(笑)

原材料が大幅に値上がりしましたが、受注製作は継続、販売しております。

スティングレ−(エイ革・ガルーシャ)の中心にある斑点は一般的にスターマークと呼ばれ、
スティングレ−の背中の中心に一つしかない貴重な物・・また幸福の魚「ラッキーフィッシュ」とも言われ
非常に美しく、耐久性に優れ、泳ぐ宝石として古くから重宝されています!




イタリアはフェレンツェよりAesse Pelletterie社のベルトが届きました!
有名店が取り扱う革製品を作る職人だったアンドレア氏が1995年からはじめた小さなファクトリーです。
今現在でも著名なショップから依頼された製品をコツコツと創り上げ、お値段も大変リーズナブルな設定です。

上記はパイソン=バックカットボア素材でハンドフィニッシュによりグラデーションカラーに仕上げられた製品・・・
写真では左も右も同じように写ってしまってますが、
左はブラックとグレー、中はブラウンとナチュラルカラー、のグラデーションでマット仕上げになります!
左はバックカットパイソンのオフホワイトカラー!
鍛造=叩き出しのアンティーク仕上げのバックルともあいまってとてもいい雰囲気です!
サイズですが・・・ベルト幅は3,5センチ、長さは最長110センチまで対応の
アジャスタブル(バックル部分でカットしてネジ止めしていただく)タイプですので
ほとんどの方に対応できると・・・・店舗のほうで加工、調節させていただきますが
ご自分でされる方は・・・一度カットを間違えますと
ニョロニョロとは成長しませんのでご注意を・・(笑)

ボアやパイソンは使われる部位やカラー、仕上げによりその表情はまちまちです。

左はラトルスネークにも見えるフロントカット=ベリーカットの
パイソンで同じくオフホワイトカラー・・・どちらもマット仕上げですので
スニーカーなどにも合わせてみてはいかがでしょうか?
中&右はダイヤモンドパイソン!
艶あり=ラミネート加工されたインパクトのある仕上げ・・・
カラーはピンク、レッド、ブラウンとなります!
ちょっとしたアクセントカラーでデニムやチノーズに合わせてみては・・・。

ホワイトハウスコックスのベルトが入荷しました。
よ〜く見て頂きたいのですが、ブライドルレザーのダブルフェイスにハンドによるスタッズが施された商品です!
シンプルでありながら、いかにインパクトを与えるかのごとく提案した別注商品となり、
昔で言うならばレンジャータイプにも似ていますが、ちらりとのぞくコントラストカラー。
これならデニムをはじめ、ジャケット&パンツにも相性よし!文句なしにかっこいいかと・・・。
カラーはブラック系、ブラウン系の2色、サイズは2サイズご用意いたしました。
Soldout!
ご存じな方も多いとは思いますが、ホワイトハウスコックス社は、1860年創業の
クオリティに優れた馬具、乗馬用品などをはじめ、英国風ライフスタイルの様々なレザーグッズのファクトリーです。
1930年代に馬具及び乗馬用品と同じブライドルレザーで、小物=スモールグッズやバックなどを
製造して以来世界的に成功を収めました。
同社の製品は材料となるレザーの入念なチェックから仕上げまでにおよそ10週間が要され
英国の伝統的な技術と気品を今尚守り続けています。




イタリアはフェレンツェよりファロルニのバックが届きました!

1980年に、オーナーでありデザイナーも兼ねる ジャンピエロ・ファロルニ氏が
イタリアのフェレンツェ近郊にあるキャステロフィオレンティ−ナにて創業した
「ファロール社」のファクトリーブランドが、このファロルニのバックです。
靴のパーツやベルトを作る小さな工場としてスタートした当初から
レザーのメッシュ技術の高さが評価され、現在はバックまで手がけように
なりました。某有名ブランド(サイトでは名前は出せないのですが)の指定工場でもあり
大変美しいインテレチャートは40人足らずの熟練職人の手から生み出されています。
今回は特殊にウォッシュ加工されたイントレチャート(総メッシュ)マテリアルを用いて
ジッパー付トートとオープンタイプのトートの2タイプを入荷させました。
企業秘密による水洗いされたレザーメッシュは、色合い、雰囲気も素晴らしいものです。
ぜひ店頭でご覧くださいませ。
all Soldout!

Aー4サイズがすっぽり収まる大きさは縦39X横36X奥行き16センチで
小物ポケットが一箇所、カラーはブラック、ダークオリーブ、ダークベージュ、ダークパープル
となりウォッシュ加工による素晴らしい仕上げはインテレチャートの中のヒットチャート?
1位のバックかも(笑)

元々この会社はレディースアイテムを数多く手がけていますので、デザインはとくに優美ですが、
今回は実用的な部分もしっかり改良させました!
両トートタイプともよくぶつける?4箇所の隅、側面は通常レザーの補強。
重い荷物にも耐えられるようハンドルやパーツ、レザーパターンにも気を配った仕様です。





イタリアはフェレンツェよりマルチナ・カッポーニのレザーバックが届きました。

2005年創業の比較的新しいブランドの商品ですが、一族のみのファミリーカンパニーとして
祖父の時代の60年代には革のなめしのエージェントとしてスタートしたのが始まりです。
今現在ではマックス・○ーラやヒューゴ・ボ○、ポリー○などのOEM生産も手がけています。

写真ではわかりずらいですが、使用されるレザーは上質なシープスキン!
高級感溢れる素材をアンティーク仕上げに加工、さらにブラス=真鍮素材のパーツが使われ
ハードな面とソフトな面のコンビネーションはお見事!独特の雰囲気を醸し出しています。
おまけにこれで3万円台・・・大変リーズナブルな点は他メーカーに勝っポーニ?嬉しいですね。

ショルダータイプの大きさはA4サイズがすっぽり収まり、マチも充分!
外ポケットが2箇所、内側には3箇所のポケットがつきます。
写真ではカラーの濃淡が・・・すみません!チョコブラウンの1色展開となります。
店頭でぜひご覧下さい。





イタリアはフェレンツェよりファロルニのバックが届きました!

1980年に、オーナーでありデザイナーも兼ねる ジャンピエロ・ファロルニ氏がイタリアのフェレンツェ近郊にある
キャステロフィオレンティ−ナにて創業した「ファロール社」のファクトリーブランドが、このファロルニのバックです。
靴のパーツやベルトを作る小さな工場としてスタートした当初からレザーのメッシュ技術の高さが評価され、
現在はバックまで手がけようになりました。某有名ブランド(サイトでは名前は出せないのですが)の指定工場でもあり
大変美しいインテレチャートは40人足らずの熟練職人の手から生み出されています。

今回はその中でも最高ランクに位置するプレステージラインのイントレチャートのバック。
素材には通常ラインにはない最上級「ラムスキン」が用いられ、内側にはフォックスファーが
あしらわれた心憎い演出な逸品!
ラムスキンの独特の艶やかさ、最上級ラインにふさわしい、菱型模様の複雑化した4本の細い紐を
絡めたイントレは同社の芸術的な技と呼ぶにふさわしい素晴らしい出来栄えです。

カラーはシャイニーブラックレザー
大きさは 縦40X横45X奥行15 で内側にはポケット他、仕切りは3室になります。
店舗でご覧下さいませ。
SOLDOUT




ベルスタッフのパンサーコレクションからはビンテージレザーの
ボストンとショルダー・・・オンにもオフにも使っていただきたい製品です。
この雰囲気には稲妻が落ちたほど素晴らしい〜!!
ひさびさにしびれたまま見つめるだけで・・・(笑)
詳しくは店頭で・・・。
soldout!
今期にてアイテム、カラーにより ディスコン(廃番)



バック類はベルスタッフ社・・・こんなのがあるんですね!ビンテージレザーで作られた逸品達!・・・同社の製品=パンサーレプリカの
レザージャケットと同素材・・・お揃いで持つのもいいし、チノやデニムに合わせるのもおしゃれ!でも、間違ってしまうと単なるおっさん
バックになります。これも普通のようで普通じゃないですね。
all item soldout!



ベルスタッフ社のバックが届きました。
ジャケットでお馴染みのベルフラックス素材(防水)を用いた商品です。
春夏には利用頻度が高いミディアムサイズのショルダーバック・・・アウトドアーブランドを始め色々あるとは思いますが、
このブランドならジャケット&パンツにも・・・カラーは6色ございます。
下記の右はワングレードアップな同社のスモールショルダー!
光沢感のあるナイロンとレザーのコンビネーションタイプは
ちょっとゴージャス?今シーズンの新作です。
さらにラグジュアリーなタイプは下段へ・・・!
今期にてモデル、カラー ディスコン(廃番)

上記のシャツは1978年創業のギットマンブラザースのシーアイランドコットンコレクションと
1893年創業のトロイシャツメーカー・・・
両者共々、アメリカを代表する名ファクトリーからはウオッシャブル加工された
ウィークエンドシャツにあわせて!


ベルスタッフ社(伊)のバックが入荷しました!
前回入荷からオーダーを何回?ぶつけたのか(笑)・・・ベルフラックス素材のデラックスビジネスブリーフで
カラーはパールブラウン=ミディアムブラウンとフォグと呼ばれるブラウンがかったチャコールグレーを
・・・・コーディネイトしやすいお洒落なカラーです!
大きさは縦34X横41X奥行き11(センチ)で15インチPC対応、アルミのハンドル、フトントにポケット2箇所
内側ポケット1箇所・・・作りはバイク対応ですから文句なしといった所!
下記はNEWアイテムのソフトバック・・・大きさは縦39X横58X奥行き29(センチ)で
2泊3日の旅行サイズ・・・軽くて、コンパクトに畳めて、荷物が増えても、重宝するサイズだと思います!
こちらのカラーは・・・パールクリームとシャンパンになります!



ベルスタッフ社(伊)のバックが入荷しました!
今回のコレクションは・・・ベルフラックス素材のニューデザイン=デラックスビジネスブリーフで
カラーはパールリードと呼ばれるオリーブがかったブラウンにも見えるチャコールグレーを
・・・・コーディネイトしやすいお洒落なカラーです!
大きさは縦34X横41X奥行き11(センチ)で15インチPC対応、アルミのハンドル、フトントにポケット2箇所
内側ポケット1箇所・・・作りはバイク対応ですから文句なしといった所!

soldout!
   
上記のバックはベルスタッフ社(伊)のもの・・・・ジャケットでお馴染みのベルフラックス素材(防水)を用いた商品です。
春夏になると何故か持ちたくなるナイロンバック・・・アウトドアーブランドを始め色々あるとは思いますが、この
ブランドならジャケットにも合せられるはず!・・・ウェストベルトポーチタイプ(グレゴリー社のテイルメイトの大きさ)と
A−5縦タイプのショルダーを選んで、斜め掛けを・・・・空いた両手に花を咲かせましょう(笑)
大花?を咲かせる為に・・・マッチングのキャップも用意しています!カラーはアスファルトと呼ばれるチャコールグレーを
始め,コーヒーブラウン、オリーブグリーン、ライトベージュ、ライムグリーン、ソフトピンクなどの6カラー展開です!
all item soldout!


キーチェ−ンを始め小物のアンティ−クも扱っています・・JMデビットソン、コールハーン、マルベリー・・・アドレスBはコールハーンの名品です!
バインダーはテラノバ(英)のものでマルベリーのファクトリーとして名声を高めたところのもの・・フェイククロコがいい味だしています!
SOLDOUT

バックはベルスタッフ社のものですが、コンピュータブリーフと呼ばれる珍しいコレクション・・・
ブルゾンと同くベルフラックス素材(防水、耐磨耗)で、ウレタンのパットが内蔵されています。
A4ノートがすっぽり収まり、ショルダー、小物ケースなどが付属
・・・反射のリフレクターのトリミングはこの会社らしいですね。

all soldout!
インパクトのあるベルトはバチヘラ・グラッサ(伊)のもの・・・・エキゾチックレザーが世界的に
流行っていますが、クロコ&リザードのリアルレザーのパッチワークをセレクトしてみました!
パッチワークと言うと何か残皮のように思えがちですが、配色の美しさやイレギュラーな桝目の
配列は一枚モノでは表現出来ない楽しみが・・・ハズシの王道を味わってみてもらいたいのと
価格の3万アンダーもハズシ??・・・・何とも魅力的なんですが!
上段左:マットアリゲーターはダークブラウン/チョコブラウン/キャメルのコンビネーション
右:アリゲーターはハニーブラウン/ピーナッツブライトブラウン/ライトブラウンのコンビ
下段上はバックカットナチュラルパイソン/サンドテジューリザード/ダークブラウンアリゲーターの
コンビネーションは・・・ワニの上にトカゲを載せて、最後にヘビで締め上げる感じ!
下はネービーリングリザード/ターコイズテジュ−リザード/ナチュラルリングリザードの
トカゲ尽くしで・・・・エキゾチックジャパーンでは見られません!

サイズは幅3.5タイプでウエスト95センチまで対応・・・・バックル部分のアジャスタ(ねじ込み加工)に
よって95以下のサイズには調節が可能です!
all soldout!
イタリアはサンダース社のバック・・・・パルマで作り続けるこのメーカーは
リーズナブルで、ちょっとしたトレンド感も味わえる魅力的な商品です!
soldout!

フランスからミディフィ社のバックが届きました!
ピレネー山脈のふもと、Toulouseにて創業したMIDIPY社。主に旅行用と称される、ブランケット、
ピロー、バッグを生産しています。全ての素材はピレネー産の天然素材を使用!
革のなめしから縫製まで、ウール素材の調達から精反まで、その全てを現在も
創業地、Toulouseの自家で行っているという、言わばフランス版職人工房です。
バッグに使用される革は自家によるタンニンなめし。ここにも一切の化学物質を持ち込まず
全て天然の素材を使用、またライニングのウールは当然ピレネーで産する
Black Sheepの無染色素材を使用します。 
今では数量を追い求めるが故に、みんなが忘れてしまった物作りの原点。
そんな暖かい気持ちが今なおまだ生き続けている、そんな人達の作るバックを
ぜひ店舗のほうで・・・ 見デフィ〜?(笑)
サイズはミディアム&ラージトート



バックはトラモンターノ(伊)のもの・・・1865年にナポリで始まった伝統ある同社。
アルド・トラモンターノ氏によるバックにおける仕立ての良さは今現在でも引き継がれ、
世界中のセレブ達にも愛されています。
コットンキャンバス/レザーハンドル&トリミングでハンドステッチが施されている
上質感はこの会社ならでは・・・・大きさは縦32X横42X奥行き10(センチ)で
内側には大型のジップポケットの他、小物ポケットが4箇所つきます!
カラーはオリーブグリーンにカフェマキアート?なレザーカラーの組み合わせで
オンオフ、カラーリングも合わせ易く依頼しました!
soldout

バックはトラモンターノ社のもの・・1865年にナポリで始まった伝統ある同社。アルド・トラモンターノ氏によるバックにおける仕立ての良さは
今現在でも引き継がれ、世界中のセレブ達にも愛されています。コットンキャンバス/レザーハンドルのリバーシブルトート(裏地は
ソリッドのキャンバスにレザーマーク入り)・・・絵柄はナポリ市街地から眺めたティレニア海・・でも、カプリ島がみょ〜に
近いような気がするんですが???       all Soldout!

ブランキーニのビンテージレザーブリーフ・・・・ちょっと”イワク付き”なのですが、
世界でたったひとつ!お話は店舗にて、ご興味がございましたら
お問い合わせ下さいませ!

soldout

当店ではおなじみのアンダーソン社(伊)のベルトが届きました!
今回もプリントレザーですが、つや消し=マットクロコダイルで、カラーは
コーラルレッド、ターコイズ、サンドベージュの春夏らしい射し色をセレクト!
バックルも前回から変えて、ピューター=光沢をなくしたバックルに
コントラストステッチを入れて・・・お値段もリーズナブルで、いい雰囲気に出来上がりました!
ベルト幅は3.5センチ、サイズは75〜90までの展開で、小さいサイズは女性の方にも・・・
ユニセックスで対応します!
当店では毎回好評を頂いているアンダーソン社(伊)のベルト・・・・毎回カラーや素材などをセレクトして価格は1万前後で提供しています!
初のコレクションとなるロー引きのステアハイドレザー・・・シンプルで英国やアメリカとはまた違った雰囲気が・・・。
リザードプリント(カーフ)のブラック、スコッチグレインのキャメルブラウン、ブラック、・・・・よくお客様からサイズの
お問い合わせを頂きますが・・・小さなお店ですので在庫のほうはわずかしかとっておりません!売り切れの節は・・・
次回のお楽しみということでお許しを・・・。ベルト幅は3.5センチとなり、インコやG・T・Aをはじめ、デニムなどにも最適です。
サイズは70〜95まで展開しています。
soldout!


上記のベルトはLeonardo Guizzetti (レオナルド・ギュゼッティ)社のもの・・・

アルゼンチン生まれのギュゼッティ氏がアルゼンチンにてベルトファクトリーを創業したのが始まりで、1994年にイタリアに移民。
現在はイタリアのナポリからちょっと田舎へはずれたリバデルガータという街に小さなファクトリーがあります。

一見、ジャベツ・クリフのようなイギリスものに見えますが純粋なイタリア産!
ブラス(真鍮)のバックルもイタリア産のハンドメイドを用いて
革はイタリアンレザーのブット部分(背中部分)のみを使用し、染色はベジタブルタンニンだけで製作される商品です。
質実剛健のイギリス産と違って、どことなく柔らかさを感じさせる雰囲気は天候や温度&湿度に左右される植物染色ならではの
温もりで、このメーカーの特徴!まだまだ知名度はありませんが、マルベリーやラルフローレンのパープルコレクションも
手がけるほどの実力は、これから注目するブランドかも知れません!

幅は38mmでサイズは75センチから90センチまでの4サイズ(5センチピッチ)。
ブラック、ダークブラウン、ラストの3カラーをご用意しております。

サイズにより 一時SOLDOUT






バックはヤコブ社が手がける「クエル」ブランド・・・ドイツから届く斬新な商品です!
メルセデスベンツ、ノキアなどの他、家具、医療機器などのプロダクト・デザインを
手がけるスイス・エストラゴン社と、ドイツ最大のスク−ルバックのメ−カ−のヤコブ社との
コラボレ−ションによる商品です。

先行入荷はメッセンジャータイプの「QUELPACK Q2」とブリーフケースの
「QUELPACK Q8」というモデル・・・・どちらのタイプも、ノ−トパソコンをキャリ〜する為の
PCパットケースをはじめ、 必要に応じて取り外して使える仕切りなどが装備されたビジネス対応のバックです。
素材にはワックス加工された防水のキャンバスと上質なレザーのコンビネーション!
カジュアル過ぎず、ビジネス過ぎず?美しいカラーコンビネーションもさることながら
ノ−トパソコンはパットがついた専用のケ−スに、手提げにも、ショルダ−タイプにも・・・
中仕切りにはペン立て、書類ホルダ−などがすべて付属、とても実用的で使いやすい!
これで、ブリーフタイプ・・・3万ちょっと、メッセンジャータイプで2万中ほど・・・
価格からは想像できないほどのクオリティ、デザインの優秀性・・・・
どれをとってもお勧めですから、ぜひ店頭でご覧いただきたいと思います!
サイズはメッセンジャー・・・W44 X H31 X D12cm
ブリーフが・・・・W44 X H33 X D12cm
カラーはすべてダークブラウンレザーとのコンビネーションになり
オフホワイト、ブラック、サックスブルー、オリーブグリーン、ネービーの
展開・・・・バックオーダーをかかえながら入荷、展開しております!

メンテナンスに問題があるため、販売を休止しました!

スイスのエストラゴン社はPUMA、ASICS、SITAG、KJUS、SENTEC、MAMMUT、SALEW・・などの
デザインを手がけるプロダクト集団で、製造を担当するヤコブ社は1934年に設立され、
スクールバックに関しては今なお世界中で最大規模のバックファクトリー・・・彼らの別ブランドのひとつである
SCOUT・・・1975年に生産が始まって以来、世界中で愛される商品となり、今現在に至ります。






ブリーフケースはジョン・チャップマン(英)のもの・・・・英国はカンブリア、カーライルにてバックを作り続ける老舗のファクトリーです。
キャンバスはホワイトハウスコックスなどと同様に2層のコットンの間にラバーが挿入された防水素材で、トリミングはレザーとなります。
当店はイタリアのバックも扱っていますが、ユーロ高の影響もあって他国のパフォーマンスな商品も時としてご紹介しています!
タイプは2スタイル・・・下記の上段はPCモバイル=10〜13インチに対応する大きさで縦27X横41X奥行き6,5(センチ)、小物ポケット2室、
シングルハンドル&ショルダーストラップが付いて・・・・1万円台後半の飛び抜けた嬉しい価格??で・・・お荷物少なめの方にはかなりお勧めの
商品です!
Soldout!
下段のタイプは縦30X横41X奥行き7,5(センチ)、上部はブラスジッパーで開閉、手前に独立したポケット、内側と背面にもポケットが付き、
ショルダーストラップが付属します。
カラーはオリーブ(グリーンがかったカーキ)とピンクベージュ(薄くピンクがかったカーキ)・・・これ珍しいカラーです!
Soldout!


バックはストリーム・トレイルのもの・・・イギリスはサウスシールドにあるタイニーサイド社のブランドです。そのクオリティは2層のコットン地の間に、
PVC(ラバーゴム)を貼り合わせるという凝った作りで防水性も兼ね備えたバックです。その職人気質から、今でも英国王室ご用達で、実は
バブアーやハーデイのバックもここで作られているぐらい老舗のファクトリーと言えます!
上段はブリーフケース・・・大きさはたて300Xよこ470X奥行き80で、A−3企画を一回りほど下回りますが、使い勝手のいいサイズ!
3室構造でセンターにはラップトップも収納可能(プロテクターが必要ですが)パーツはブラス=真鍮で
キャンバスXブライドルのブラックのみの展開です!
soldout!
下段はレデイース対応のミニトート・・・・大きさは220X370X120(底部)で、ちょっとのお出かけ用!
キャンバスXレザーで、カラーはカーキ&ホワイト、

どちらも見た目以上にパフォーマンスな商品です!
ミディアムショルダーは折り畳み傘のストラップつき、トートはA3サイズの書籍が楽に収納できます。
入荷時期等はお問い合わせください!


久々にトゥミのバックが入荷しました!当店らしく?現行ものには存在しない90年代に作られた
USAメイドのブラウンカラーのバリスティック!ブラックとは印象が違い、バリスティックナイロンの
本来の素材感が味わえる逸品!・・・・2モデル入手で、共にデットストックとなります!
デラックスガーメントバックはビジネスユースで、大きさは63X105X11で、シューズポケットを始め、ランドリーなどの
多様なポケット、スーツ、ドレス4〜5着可能なハンギング仕様です。
ショルダーバックはスポーツマンサッチェルと呼ばれる450X300X280の
使いやすいサイズで、ボトル収納ケース他カメラケースにも・・・当時のホイールアウェイシリーズに対応
(一部仕様が違いますが、互換性あります)しています!
いずれにせよ各仕様の説明は何も言わなくても・・・トゥミらしさの作りです!

All soldout!


温かみのあるバックはグレナルモンド(英)のもの・・・かなり以前に当店でも展開していたブランドなのですが、
ブライドルレザーとツィ−ドファブリックのコンビネーションを手がける英国の老舗ファクトリーです!
同社のバリエーションも大小のショルダーを始め、トート、レディース対応のショルダー、僅かですがジャケットなどがあり、
かつてはジョンパートリッジやマーガレットハウエルなどのPBを手がけていたほどトラデショナルで、どことなくカントリーテイストな
バック類を得意としています。
今回セレクトしたアイテムは通称=キャリーオンと呼ばれるボストンバックとトートとクッション!
・・・ボストンは機内持込サイズであって、ゴルフバックとしても重宝するサイズ!
大きさは32X50X22(センチ)で2〜3泊まで可能なサイズ!
ラージトートは33X38X17で、肩がけ可能。スモールトートは26X31X14となります。
カラーはLtブラウンタッタソール、ベージュソリッド、ブラウンハウンドトゥ−スの3ファブリック、
クッションはオリーブ系タータンで、ヘリンボーンツィードの可愛いパッチ=スコッチテリアとミニチュアダックスです。
大きさは34X34で部屋に置けば・・・マンチェスター気分!

soldout!
   
 
バックはオロビアンコ社(伊)のコレクション・・・今回はレザーをすべてチンギアーレ(野生の猪豚)で製作してもらいました!
上段のブリーフケースはオールチンギアーレで¥6万ちょっと・・ブライドルレザーやカーフよりも軽く仕上がり、
チンギアーレの特徴である防水性にも優れています。内側には同素材のポケットなども備わる点はオロビアンコ社の
優れたクオリティーです。大きさ、カラーなど、詳しくは遠慮なくお問い合わせください。
Soldout!
  
こちらはレディ−スのトートバック・・・キャンバス/チンギアーレのコンビで、A4ノートが横に入る大きさで、
肩から下げられるようストラップは42センチになります。底打ちはチンギアーレで耐久性もバツグンです。

Soldout!
   
オロビアンコ社(伊)はマルペンサ空港の近く、ガララーテで100年近く造り続けているメーカー。
バイオーダーでリクエストに応えるいいメーカーです!右のものはデニムとチンギアーレ(野生の猪豚)との
コンビネーション・・・雰囲気もよく出来ました!
コンビネーションはall soldout!


アンブレラはマグリア・フランチェスコ(伊)のもの・・・ミラノで1854年に創業の老舗の傘専門!持ち手の部分と
ファブリックを選んで製作してくれる姿勢はバイヤーとして悩みながらも出来上がりが楽しみな逸品です!
特にお勧めは肩から背負えるタイプで大きさは直径95センチ(新骨42.5)でありながら、
中棒が長さ60センチの特殊なもの・・これは肩から下げた時に邪魔にならず、広げて差した時も長すぎず差しやすいですね!

これで雨の日の憂鬱さを解消しましょう!!


石ヅキと中棒は木製のチェスナット、開閉で使うハジキは板状ではなく線ハジキでぬくもりが感じられ、
手元(口クロ)はスチールの樹脂加工、中綴じとふさは共地仕様となり、老舗だけあって、作りもピカイチです!

バックはCVB社のもの・・・ちょっと詳しい方ならおやっ!と思いませんか?そう、フェリージと同じ工場で作られているもので、こちらは
ベジタブルタンニングのマホガニーレザーとキャンバスのコンビで価格は3万後半から・・・もちろん純イタリア生産で
お安くて作りもピカイチのバックです!スタイルはブリーフケースとショルダータイプでカラーはネービー、ブラウンとなります!
価格からは想像できないほど、いい作りに”ぞっこん”です!

ブリーフは縦33X横44X厚8センチでA4サイズの書類、PCが入る大きさです。
all Soldout



フェレンツェはフォンタネリ社の別注品です!1860年創業のレザー専門・・いかにもイタリアらしい色使いとベネチアンレザーは
粋な小物たちと言え、贈り物にも喜ばれます!
スコッチグレイン風の肩押しレザー使用のゴルフボールケースですが、ベルトに、キャディバックにちょこんと付けて
・・・プレーも大切ですが・・・こんな小技を使うとキャディさんの対応も違います!笑いながら・・・めでたくシングルプレーヤーを目指しましょう!
マルチカラー2種とオレンジ、ブラウンの4カラー展開で・・・・¥7500
soldout!
マネークリップですが、写真のようにブックマークにでもいかがですか?本を読んでいる方は多いのですが”しおり”に目を
奪われる方はまだお目にかかっておりませんね!クロコ風プリントレザーはお色気たっぷりに出来ました!
レッド、ピンク、オレンジ、ブルーの4カラー展開で・・¥3900
Soldout!
右は小銭入れ・・・てんとう虫みたいなスタイルはレザーの一枚仕立て(接ぎなし)で出来ているフェレンツェの伝統工芸技術!
お金に換えられない?愛嬌がたっぷりある商品です!ブラック、ブラウン、ワインの3カラー展開で・・・¥6900

プラウザの閉じるでお戻りください!

copyright 2002-2004   all rights reserved